TOP

腎泌尿器科 あしだクリニック

血尿について

健診などの尿検査で、「おしっこに血が混じっています」とか「尿潜血反応陽性です」などと言われることがあります。こうしたいわゆる「血尿」は、尿をつくる腎臓や尿の通り道の病気のサインとして重要です。

血尿が発見される頻度は年齢とともに増加し、比較的女性に多く見られます。おしっこが赤いなど、尿に血が混じっていることを目で見て判断できるようなら(肉眼的血尿)、さらに重要なサインと言えます。たとえば膀胱がんの85%は肉眼的血尿をきっかけに発見されます。また腎臓がんでも、最近は検診や人間ドックなどで偶然発見されるケースが増えてきましたが、血尿で見つかることも少なくありません。一方、目で見ても尿の色の変化は察知できないものの、尿検査によって血が混じっていることがわかるケースもあります(顕微鏡的血尿)。この顕微鏡的血尿も、泌尿器がんなどの重大な病気のサインだったりしますので、要注意です。


血尿の原因となる疾患

血尿の原因としては、悪性腫瘍や結石、膀胱炎、腎臓疾患など、様々な病気が考えられます。顕微鏡的血尿を起こすケースでは、血液から尿を濾過する器官である糸球体に何らかの原因があることがあります。この場合、尿にたんぱくが混じっているかどうかが重要なカギになります。

泌尿器系の悪性腫瘍には、膀胱がん、腎臓がん、前立腺がん、腎盂尿管がんなどがありますが、膀胱がんは顕微鏡的血尿で診断される悪性腫瘍のなかでも最も多いがんです。尿路結石症では、ほとんどの症例で顕微鏡的血尿を伴います。膀胱炎でも、血尿を伴うケースがあります。また、稀ながら、腎臓の血管奇形でも血尿をきたすことがあります。
これらの病気を早期に発見するには、健診や人間ドックなどによる尿検査が大切です。尿検査で血尿が見つかったら、たとえ症状が無くても放置せず、早めに泌尿器科を受診しましょう。

072-895-5055