TOP

腎泌尿器科 あしだクリニック

尿失禁とは?

尿失禁=尿漏れとは、自分の意志とは関係なく尿が漏れる状態のことを指し、女性の場合は、40代、50代が一番多いのですが、ふとした瞬間に尿が漏れてしまったという経験を持つ女性は40代以上の女性のうち3人に1人は経験していると言われています。

このように尿失禁に悩んでいる人は非常に多いのですが、受診を恥ずかしがって我慢している方がほとんどなのが実情です。尿失禁には、その状態や原因にそれぞれ応じた治療法が存在しますので、恥ずかしがらずに泌尿器科の受診をお勧めします。


尿失禁のタイプのいろいろ

尿失禁にもいろいろなタイプがありますが、主なものは「腹圧性尿失禁」と「切迫性尿失禁」の二つです。それぞれについて説明しましょう。

腹圧性尿失禁

女性の正常な体では、お腹に強い力(腹圧)がかかった場合、「骨盤底筋(こつばんていきん)」という筋肉が、膀胱と尿道を支えることで尿道が締まり、尿が漏れるのを防いでいます。この骨盤底筋が弱くなったり傷んだりすることによって、尿道をうまく締められなくなり、尿漏れを起こす病気が腹圧性尿失禁です。
せきをする、くしゃみをする、笑う、走る、テニスやゴルフなどのスポーツをする、重い物を持ち上げる、坂道や階段を昇り降りするなど、強い腹圧がかかるような動作をした時、尿が漏れてしまいます。

腹圧性尿失禁の治療の中心は、「骨盤底筋体操」です。緩んでしまった骨盤底筋を鍛えて臓器が下がるのを防ぎ、尿道や肛門を締める力やコントロールする力をつけることで尿漏れを防ぐ方法です。軽症例に有効です。 薬による治療では、尿道を引き締める働きがある薬(β受容体刺激薬)などを用います。薬物療法以外の保存的治療には、電気刺激療法(干渉低周波療法)や磁気刺激療法があります。保存的治療にうまく反応しない場合には、手術療法を検討します。


切迫性尿失禁

急に起こる抑えきれないような強い尿意がおこるためトイレまで間に合わなくなり尿失禁してしまう状態です。過活動膀胱(OAB)のひとつの症状です。

問診以外には、膀胱の状態を調べるための検査を行うこともあります。排尿に関連した症状があるからと言って、必ずしも過活動膀胱とは限りません。他の病気の可能性も含めて確認するための検査です。

初診で行う検査は、主に、腹部エコー検査(残尿量の測定)、血液検査、尿検査などです。これらは比較的簡単な内容です。過活動膀胱の検査にはほかに、尿流測定、パッドテスト、ストレステストなどがあります。

治療には、膀胱の収縮を抑える働きのある薬や、膀胱に尿をためる容積を増やす薬による治療、および薬を使わない治療、すなわち膀胱訓練(トイレに行く間隔を延ばして、膀胱の容量を増やす訓練)や骨盤底筋体操(尿道を締める骨盤底筋の収縮力を高める訓練)などがあります。


072-895-5055