TOP

腎泌尿器科 あしだクリニック

性感染症について

性感染症(性病)は性行為(口内行為も含む)が原因で引き起こされる感染症です。
性感染症を発症すると、尿道炎や膿の排泄などのように、体に異常が現れる場合もありますが、自覚症状がほとんど無いケースも少なくありません。性病に感染したことに気づかないまま他の人との性的接触を重ねていると、どんどんと感染を広げてしまうことにもなりかねないため、注意が必要です。
性感染症の多くは、早期に発見し治療すれば治すことができます。
簡単な血液検査、膣分泌液検査などで判りますので心あたりのある場合は、パートナーといっしょに検査を受けましょう。


性感染症が疑われる症状

  • 性器に「腫れ」が見られる
  • 性器がヒリヒリする
  • 性器にブツブツが生じた
  • 性器から膿のような粘液が出る
  • 下着に見慣れない汚れが付着するようになった
  • おしっこをする時に痛みや違和感が伴う
  • 性器周辺に痒みがある
  • おりものの量が増えた
  • 性器の痒みがある
  • 性器のにおいが気になる
  • 外陰部に痛みがある など


代表的な性感染症の種類

10代から20代に感染者が多い病気でクラミジア・トラコーマティス菌によって引き起こされる感染症です。
クラミジア感染症は初期症状がでにくいため、放置すると慢性化することがあります。
男性では、排尿時に軽いかゆみや痛みなどわずかな違和感や尿道から白っぽい膿がでるといった症状がみられます。女性に感染しやすいのですが、無臭で白い粘液状のおりものが増えるといった程度で気づかず放置しておくと、不妊症や子宮外妊娠、流産の原因になることもあります。尿検査、尿道分泌物検査、血清抗体検査などの検査で診断は容易です。早めに泌尿器科を受診する事をお勧めします。

性行為によって感染し、淋菌によって引き起こされる感染症です。
男性の場合、淋菌が2~7日の潜伏後尿道内で増殖し尿道炎症状を引き起こします。排尿時痛や悪臭を伴う濃い黄色(または濃い緑色)の膿が尿道から出ます。しばらくすると自然に痛みもとれ治ったかのように思いますが、実際は治癒しているわけではなく尿道内に菌が潜伏したままですので、知らぬうちにパートナーにも感染させてしまうことになります。
また、放置しておくと男性の場合、前立腺炎や副睾丸炎を引き起こす場合がありますので、注意が必要です。
女性の場合は、ほとんど無症状でおりものの色が黄色に変わる程度です。下腹部の痛みや不正出血がある場合は、症状がかなり進んでいる状態です。
男女とも不妊症の原因になりますので、早めに泌尿器科を受診する事をお勧めします。

男子では亀頭部などに、女子では陰唇などに小さなブツブツができ、それが潰れて痛痒くなります。一度かかると治りにくく再発する可能性の高い病気なので、しっかりした治療が必要です。

カンジダは常在菌のため、性行為が原因でなく発症することも多い病気です。
男性・女性に関わらずかかる病気で、身体の中に自然にいるカンジダというカビの一種が原因となります。体の抵抗力が落ちた時や、抗生物質を使用したときに菌交代症と言われカンジダ症になることもあります。 男性の場合亀頭や包皮が赤みをもち、痒くなります。女性の場合、膣の中が痒くなります。

梅毒トレポネーマという菌によって引き起こされる感染症です。
一昔前には梅毒で死ぬ人も多かったのですが、ペニシリンの発見後は治療で完全に治る病気となりました。感染後3週間で、男性の場合はペニスに、女性の場合は大小陰唇や子宮頸部に小豆大のしこりができ、約3ヶ月経つと全身に小さい赤い斑点(バラ疹)が出現して発熱や関節痛の症状が出ることがあります。症状が出ないこともありますが、血液梅毒検査で診断できます。

尖圭コンジローマは、性器に発生する一種の「いぼ」です。病原体はヒトパピローマウイルス(6型、11型が多い。子宮頸がんを発症しやすいのは16型、18型)で、主に性行為による皮膚・粘膜病変部との接触で感染します。潜伏期間は3週間~8ヶ月(平均約3ヶ月)です。このウイルスに感染していても、症状が出ないケースが多いことも知られています。
症状としては、性器や肛門周辺などに、先の尖ったイボのような腫瘍が多発し、時にはまるでカリフラワーのように見えることもあります。痛みなどはほとんど無く、せいぜい痒みや軽い異物感程度のものです。 診断は、コンジローマが独特な形態をしているため、病変部を観察すれば、ほとんどの場合、それだけで診断がつきます。子宮の入口にできたものについては、組織を採取して、病理組織学的に診断することもあります。


072-895-5055