TOP

腎泌尿器科 あしだクリニック

膀胱炎は、女性に多い尿路感染症

頻尿や排尿時に痛みが起きたら膀胱炎かもしれません。膀胱炎は女性の4人に1人は罹ると言われるほど女性が圧倒的になりやすい病気です。 女性は身体の構造上、尿道がたいへん短いため膀胱炎をおこしやすく、年齢を問わずかかりますが、若い方に多く見られます。女性の外陰部にいる細菌が尿道から入って膀胱粘膜に付着、繁殖して起こります。 通常は菌が入っても、膀胱の感染防御機構が働いて膀胱炎にはなりませんが、冷えたりすると、膀胱内の血流量が減って、防御機構が弱くなって繁殖が広がったり、次のような要因が重なると、膀胱炎になることがあります。


このような症状が出たら膀胱炎かもしれません

  • おしっこをしている時やした後に痛みがある
  • おしっこを出し切れていない残尿感がある
  • 何度もトイレにいきたくなる
  • おしっこに血がまじっている
  • おしっこが白くにごっている
  • など


検査は、尿検査と尿の細菌培養検査*で診断します。トイレで紙コップに尿を採って来ていただき、それを顕微鏡で見て白血球が増えていれば膀胱炎と診断します。 治療は、抗生剤を3~5日間、内服します。通常1~2日間で症状は良くなり、3~5日間の治療で治癒します。抗菌薬でほとんど治ります。症状が軽い場合は、水分を多く取り尿量を増やすことで自然に治る場合もあります。
再発予防のためにも、水分を日頃からよくとり、尿をたくさん出すようにすることと、尿をがまんしないようにすることが大切です。

*尿の細菌培養検査
原因菌の種類、およびその細菌にどんな薬剤が有効かを調べます。 細菌の種類としては、大腸の中にいる大腸菌、腸球菌や、皮膚・粘膜にいるブドウ球菌、連鎖球菌などがよく見られます。クラミジア(性感染症)のこともあり、「クラミジア膀胱炎」が疑わしいときは、尿中クラミジアのDNA検査(クラミジア菌を検出する遺伝子検査)を行います。

072-895-5055